<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

8月なのに運動会の練習

 首都圏より休みが短いので、週の始めより近所の小学校から子どもたちの歓声が聞こえるようになりました。
 まだ、8月だというのに運動会の練習を始めたようで、鼓笛隊やフォークダンスの音楽も聞こえてきます。
 
 群馬では運動会のチームわけが赤組、白組ではありません。上毛三山にちなみ、赤城団(赤)・榛名団(緑、青)・妙義団(黄色)とするところが多いのです。人数が多いとさらに白根団(白)・浅間団(ピンク)などが増えます。
( )の色は団のシンボルカラー、はちまきの色です。

 私は小学1年〜4年は白根団、はちまきはずっと白でした。5年生のときはじめて妙義団(5・6年)になり黄色のはちまきをしたのがちょっとうれしかった記憶があります。
 中学の3年間はまたもや白根団で白のはちまき。私は生まれてから赤や青のはちまきをしたことがありません(もうすることもないでしょう)。

月曜日はもう9月、東京の子どもたちも2学期が始まりますね。
[PR]

by pukichi3 | 2008-08-30 17:32 | 記憶

いやがらせ? それとも……

ときどきコメントをいれてくれる みちぞう さんから「今年は少ない?」というタイトルのメールが届きました。本文はなく、ただセミが羽化した抜け殻の写真が一枚。……?

 これは (1)いやがらせ?(みちぞうさんは以前にもカブトムシの写真だけ送ってきたことがあるので……)、(2)セミが少ないことについての疑問? (3)夏らしさを見つけたので、その報告? (4)ヒマだから。メールの意図にちょっと悩んで(私は(1)か(4)だと思います)いましたが、ふと先日、読んだ週刊誌の記事を思い出しました。

 記事の内容によると「今年はセミが少ないらしい。阪神・淡路大震災の前年の夏も少なかった。関東大震災のときも富士山の宝永大噴火と宝永大地震の前もセミが鳴かなかった。もしかしたら、天災の予兆? でも、学者は関連性はない、今年は天候不順でセミの羽化がおくれている、ただ年々セミにとって舗装された土地が増えたこと、卵を産みつける樹木の枝などの剪定、農薬などの影響で生息する環境が厳しくなり、セミのそのものの数が減っている」ということでした。

 群馬に戻って初めての夏なので、“ 多いのか、少ないのか ” は、よくわかりませんが、ウチの周囲ではヒグラシ、ツクツクボウシ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ミンミンゼミなど、この辺に生息しているセミの声は全部聞きました。ここ一週間は雨が続き気温が低かったので、セミの声は聞きませんでしたが、今日は近くでミンミンゼミがけたたましく鳴いていました。
c0141253_22213333.jpg
 みちぞうさんが送ってきた写真。みちぞうさんはなかなかユーモアのある方で……。
[PR]

by pukichi3 | 2008-08-27 22:32 | デキゴト

vol.1 焼きまんじゅうがお菓子に!?

 仕事はまだまだ終わりませんが、気分転換をかねてちょっと買い物に出て、おもしろいお菓子を見つけました。
 コーンスナック「上州焼きまんじゅう味」です。最近ではいろいろなご当地スナック菓子がありますが、まさか焼きまんじゅうまでできるとは……。
 製造発売は「チートス」などで有名なジャパンフリトレー。どうやら春に開かれた「第25回全国都市緑化ぐんまフェア」にあわせて作られた、期間限定のご当地スナックのようです。
 会場での価格はわかりませんが(多分100〜130円くらい?)、在庫整理のためでしょう、なんと1コ48円でした。すかさず買って食べてみました。一つ食べてみると、ちょっと甘じょぱいスナック菓子ですが、いくつか続けて食べてみると、だんだん口の中が焼きまんじゅう味でいっぱいに。
 まんじゅうの食感とはまったく違いますが、私はそれなりにおいしいと思います。

「全国都市緑化ぐんまフェア」にはいけませんでしたが、おみやげものとして県内のキオスクにおいてあればもっと早く気づいて買ったのに……。ちょっと残念です(といいながら4つ買ってきました)。
c0141253_1215593.jpg


 そういえば、渋川山車祭りのとき露店で買った焼きまんじゅうは一本200円、普段お店で買うより50円も高かった!
[PR]

by pukichi3 | 2008-08-23 01:23 | 食いもん・飲みもん

仕事……

 働けど、働けど……仕事の終わりが見えません。

 お盆もずっと仕事、お墓参りも行けませんでした。
 でも、お祭りはしっかり見にいってきましたが……。
[PR]

by pukichi3 | 2008-08-22 02:13 | お仕事

渋川山車祭り

 先日も書きましたが、約200年の歴史をもつ、渋川山車祭りが昨日と今日開かれました(昨日は雷雨のため途中で中止)。
 今日も時折小雨が降る中、各町内の山車19台が個別に市内をひかれていましたが、全ての山車が一カ所に集まる様は壮観でした。
 普段、人が歩いていない町中も、お祭りとなると人がたくさん出て、露店も数多くあり、にぎやかです。
c0141253_23291528.jpg
           川原町の山車。てっぺんの人形は神武天皇。
c0141253_23303574.jpg
           下郷の山車。
c0141253_23314556.jpg
       各町内の山車が集まったところ(写真では3つしか見えません)。
[PR]

by pukichi3 | 2008-08-17 20:18 | デキゴト

おはぎ

し、仕事が忙しい……。


 誕生日を聞かれ、8月15日と答えると、返ってくるのは、必ず「終戦記念日なんだ……」。人におぼえてもらえるのは嬉しいことだが、楽しい思い出はあまりない。
 
 8月15日=お盆=おはぎの日。
 
 どこへ行っても、この日は「おはぎ」ばかり。
「おなか空いた」といえば、「おはぎがあるよ」という返事。

 でも、私はあんこが大嫌いなんです! 
 
8月15日生まれの有名人
1769年 ナポレオン一世、1960年 サンプラザ中野(歌手)、1962年 宇梶剛士(俳優)、1964年 麻生祐未(女優)、1972年 ベン=アフレック(俳優)、1975年 川口能活(サッカー選手)、1978年 大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)、1981年 ブレンダン=ハンセン(水泳選手)


c0141253_17101167.jpg
      実家にいったついでに撮ってきた赤城山。今日も一雨来そうな雰囲気です。
[PR]

by pukichi3 | 2008-08-15 00:08 | 今日の赤城山

親父も今日から後期高齢者

 今日は親父の誕生日。
 カミさんとケーキをもって実家にいきました。
 
 元気だが、とうとう後期高齢者の仲間入りです。
 自分から「後期高齢者になっちまった。保険料が上がるなぁ」と冗談ともぼやきともとれることを言いますが、早く制度を見直して、老人の負担にならないようにしてもらいたいものです。

 バカ犬は人が集まると、嬉しいようでハイテンションではしゃぎまわています。
 ケーキを食べていると「アタシにもちょうだい」という顔でアピールしますが、さすがにケーキはやれません。代わりにからプチトマトを取ってきて食べさせます。
 毎日、鳥のササミとドッグフードに取れ立てのキュウリ、プチトマトを食べるなんて、贅沢でヘルシーな食生活を送っている犬です。c0141253_19392412.jpg



 我が家は8月は誕生日ラッシュで、来週は私自身、その翌週にはカミさんがひとつ年をとります。



c0141253_1940365.jpg









今日はプチトマトとナス、キュウリ、ジャガイモなどたくさん野菜をもらってきた。プチトマトは赤と黄色い二種類があり、どちらも甘くて美味しい。

追記(2009.04.04)
ヘルシーな食生活をおくっていたと思っていたバカ犬ですが、最近はドッグフートをあまりたべません。どうもオヤジが甘やかしたせいで、人と同じものを食べたくてしょうがないようです。体重もちょっと太めで5kgを超えているそうで、オヤジもココロを鬼にして接しています。
[PR]

by pukichi3 | 2008-08-09 19:46 | デキゴト

遠くから太鼓や笛の音がきこえる 渋川山車祭り

 仕事が忙しいのですが、ちょっとブレイクタイム。
 遠くから風にのって笛や太鼓の音が聞こえてきます。来週の土日(16・17日)に、開催される「渋川山車祭り(渋川祭り)」の練習のようです。
 この祭りは町おこしで始まった「へそ祭り」と違い、一年おきに行われ、約200年続いているとのことです。(旧渋川市の)町内ごとに所有している19台の山車が出るのですが、引き手がもみ合うため、暴れ山車との異名があります。ガキ(子どもはあまりもみ合わない)のころ引いたこともありますし、親父が山車(祖父の家の町内のもの)の上に乗っているのも見ました(今住んでいる場所と実家のある町内には山車はありません)。でも、なんといってもたくさん出る露店に行くのが本当に楽しみでした。
 さすがにこの年になると金魚すくいやヨーヨー釣りはできませんが、焼きまんじゅうくらいは買ってこようと思います。
[PR]

by pukichi3 | 2008-08-07 21:57 | 生活

ライフライン停止!!

 朝方、5時頃ものすごい雷雨でした。真上で鳴っているような轟音と稲光で目が覚めてしまい、起き上がってテレビをつけたとたん、テレビの電源がプッと切れました(壊れたのかと思った)。ですが、ほかの電化製品も通電していないようです。ボーッとした頭で停電だと理解したのは数秒後でした。しかしカミナリによる停電なんて何年ぶりでしょう。カミさんは「水道の水も出ない!」と叫んでいます。マンションの給水設備も電気を使っているからでしょう。15分ほどで停電は回復しましたが、ライフラインがストップするのは困りものです。

 一息ついて、テレビを見ていたカミさんが、「東京じゃすごいことになっているよ。電車も止まって、浸水家屋もあるみたい」。本当だ! 東京の知人たちはどうしていのでしょう……ちょっと心配です。

〈追記〉
上の記事をアップしたあと……
 夜中の2時から3時にかけてまたもや爆撃のようなカミナリ、稲光や轟音でたまりませんでした。おかげで、すっかり寝不足です。

[PR]

by pukichi3 | 2008-08-05 18:45 | 生活

夏の思い出  1

“みちぞう”さんから久しぶりにコメントがきて、歯医者に通っているとありました。コメントの返しを書いていて、夏休みになると耳鼻科に通院したことを思い出しました。

 春先、学校の健康診断で毎年のように“慢性鼻炎”という診断をされました。
 夏休みに入ると毎日、弟(弟も同じ診断をされた)と一緒に1キロほど離れたバス停からバスに乗り、市内の耳鼻科へ(初診の時は親同伴だが、二回目以降は二人で通院した)。治療自体は「鼻腔に茶色の薬をつけたあと、透明の液体の入った加湿器のようなものを数分間、自分で鼻にあてる」というもので苦痛ではありませんでしたが、家からバス停までの往復2キロがとてもイヤでした。
 暑い中、日陰がほとんどない畑の中のじゃり道(現在は舗装されてきれいな道)を歩くため、のどがカラカラに渇きます。でも途中に商店や自動販売機はなく、家に帰るまで水分をとれない。二人とも無言(頭の中では「のどが乾いた……、水飲みてー!」と考えながら)でひたすら歩き、家に着くと弟と先を競うように水や麦茶を飲んだものです。

 夏になるとふと思い出す、子どものころの記憶です。
c0141253_13261772.jpgc0141253_13263924.jpg



右=家の方向、左=バス停の方向、この道を歩いてバス停まで行き、そこからバスで通院しました。
[PR]

by pukichi3 | 2008-08-02 14:30 | 記憶