<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

事故をおこしてしまいました

 先日、前方不注意で事故を起こしてしまいました。けがはありませんが、私の車はパンパーが壊れ、精神的に思い切りへこんでます。
[PR]

by pukichi3 | 2009-01-31 18:28 | デキゴト

へんな雲

 夕方、仕事のデータを発送した帰りに本屋へ寄ったのですが、駐車場で南の空を見ると変な雲がありました。
 南の方角には自衛隊の相馬が原駐屯地があり、この数日、飛行機がかなり飛んでいる音が聞こえましたから、多分ひこうき雲だと思います。ですが縦になっているように見えるのでひょっとして「地震雲?」なんて思ったりしました。
c0141253_291640.jpg

[PR]

by pukichi3 | 2009-01-27 19:23 | デキゴト

おやきを買ってきました

 気温は低くて寒かったのですが、天気がよかったのでちょっと中之条町までドライブしてきました。
 途中、どこかで食事でもしようと思ったのですが、「ここに入りたい」という店はありませんでした。
 帰りに「おのこ」と「こもち」二カ所の 道の駅” によっておやきとヨーグルトを買ってきました(今回はパングルトは買いませんでした)。

c0141253_11713.jpgc0141253_112686.jpg
ヨーグルトは水上町の“たくみの里”でつくられたものです
[PR]

by pukichi3 | 2009-01-25 01:04 | 食いもん・飲みもん

暖かい日でした

 今日は暖かくて風もなく過ごしやすい一日でしたが、明日からはまた寒くなるそうです。
 今週はヒマだと思っていたのですが、止まっていた仕事が動きだしたのと、定期でやっている宝くじ関係の月刊誌デザインに加え、地図を数点作成したので、それなりに忙しかった気がします。それも今日までに大体片付き、手持ちは装丁(カバーデザイン)が一つあるだけ、土日にかけてじっくり考えるつもりです。

 実家に漬け物を貰いに行ってきました。ウチで食べている漬け物は群馬に戻ってから、春から秋にかけての「ぬか漬け」と冬の「白菜の塩漬け」、ずっと両親が漬けた自家製を食べています。前回は群馬の不便な事を書きましたが、こういった面では群馬(地元)って本当にいいんですよね。
c0141253_1755253.jpg
      渋川の南端で見た赤城山
c0141253_17551814.jpg
   子持山方面(手前の山)右奥に薄ら見える雪をかぶった山は武尊山(上州武尊山)です
[PR]

by pukichi3 | 2009-01-23 18:11 | 今日の赤城山

渋川で不便なこと

 群馬に戻っていちばん不便だと思ったのは書店です。
 東京に住んでいた頃は仕事がら(気分転換を含めて)本屋へよく出かけたのですが、近所に大きな書店が三軒あり、大体そこで本を買うことができ、不便さは感じませんでした。

 渋川には大きな書店がありません。子どもの頃は大きいと思っていた老舗の本屋にも行ってみたのですが、あまりにも小さく感じて驚きました。中規模の書店はあるのですが、充実しているのは雑誌とコミックスなど(都内の大きな書店とお同じくらいのスペースをとっています)で、一般の書籍は品揃えが少ないのが現状のようです。
 ですから欲しい新刊本があり、発売日をネットで調べて(発売日に)買いに行っても、まずありません(最近は本の初版発行数も少ない〈だいたい数千部単位です、コミックスや話題になるような本はちがいますが……〉ので、東京で平積みされているような本でも渋川まではまわってこないのだろうと思います。入荷しても多分一、二冊しかないのでしょう)。
 渋川の人たちはどこで本を買うのだろう? と思い、友人に聞いてみたところ「前橋か高崎に行かなきゃ、大きな本屋はねえよ、俺は大体、前橋の××書店にいくけど……」の一言でした。前橋まで行くのも、ネットや本屋に注文するもの面倒くさいし……、と思っているうちに買う機会を逃してしまいます。

 蛇足ですが、渋川に戻ってから「自分が仕事で関係した本」を一度も本屋で見たことがありません。これはちょっと悲しいです。
[PR]

by pukichi3 | 2009-01-20 20:41 | 生活

正月に苦しんだ本ができました

 編集者Xさんから「正月に苦しんだ本ができあがりました。なんとも言えませんね。2週間前には、まだとんでもない状態でしたから……」という連絡が来ました。印刷所にデータを入稿したのが5日ですから、たった10日で印刷・製本できたわけです。来週には書店に並ぶでしょう。
 本当なら、記事とライフログ(右下の最近の仕事欄)に書名と書影を載せたいのですが、作者の悪口を書いてしまったのでやめておきます。
[PR]

by pukichi3 | 2009-01-16 22:13 | お仕事

ゲリラ吹雪?

 お昼に実家に行ってきたのですが、突然、すごい吹雪になりました。今日の天気予報では晴れのち曇りだったのに……、あわてて実家を出て、買い物を済ませ自宅へ戻りました。
c0141253_1734020.jpg
     実家をでようとしたら、もう積りはじめてました(降り出しから30分後)
c0141253_1735141.jpg
     降り出して一時間後、行幸田のスーパー屋上から
[PR]

by pukichi3 | 2009-01-13 17:38 | 生活

成人の日

 今日は「成人の日」です。
 渋川市でも、昨日成人式が催されたようです。いつから1月に成人式をするようになったのかは知りませんが、私が成人したころ、渋川の成人式は4月の初旬に行われていました。ですから、昨日、町で晴れ着を着た新成人を見かけ、ちょっとびっくりしました。
 渋川市には「成人の森」というのがあり、そこで植樹をするのが当時の成人式で、植樹するのですから当然ドロで汚れます。晴れ着やスーツを着た人はほとんどいなかったと思います。

 私たちの時は前日、伊香保で中学校の同窓会をしてから成人式に臨みました。私は前日の同窓会で、はしゃぎ過ぎて生まれて初めての二日酔いになり、最悪の気分で式に出席しました。簡単な式典のあと植樹したのですが、頭痛と嘔吐感の中、必死に穴を掘た記憶があります。記念品にもらったものはループタイでした(あとで捜して見ます。あったら、写真を載せたいと思います)。

 成人式というと晴れやかな感じがしますが、私にとっては苦い想い出です。
[PR]

by pukichi3 | 2009-01-12 13:20 | 記憶

2008年の渋川ほっとマップメール内訳(9月〜12月)

 昨年9月に渋川ほっとマップメールに登録をしましたが、9月から12月に送られてきたメールは、以下の通りでした。

9月
火災情報 2
クマの出没情報 2
ダムの放流 1
10月
火災情報 1
クマの出没情報 2
11月
火災情報 3
人命情報 1(人が行方がわからなくなったとき)
交通規制 1(祭りなど催し物があるとき)
12月
火災情報 7
交通規制 1
市議会開催情報 1

 防災しぶかわを聞き逃しても、メールが届くのでどこで何が起きたか確認でき、渋川で暮らす人には便利です。
 火災情報、クマの出没情報、交通規制などは地図も添付されています。
(やはり冬になると火災件数が増えています。消防車のサイレンはメール数より多く聞こえてきますから、ぼやなどの火事は配信されないのかもしれません)

 登録はメルアドだけですから、登録してリアルタイムの渋川情報を手にしてください。「渋川市」で検索するとトップに市のホームページがあります。トップページの右側にあります。
[PR]

by pukichi3 | 2009-01-08 18:38 | 渋川情報

年末年始のこと 3

 正月早々愚痴を書いていますが、今回で最後です。次回からは通常のブログ更新に戻りたいと思います。

 1月 1日 9:06
 朝起きてメールチェックをするとX氏から『「A」色校がでているところで約17ページの挿入指示が著者からあった※8』と愕然のメールが……。朝からお正月気分も吹っ飛びました。
 X氏に電話すると、著者が「どうしても入れる」と言ってきかないとのこと、二人で電話を挟んで落胆し、著者を呪いました。(怒)
 
 悪天候で3合目まで引き返す(すごろくをやっているみたいです……)

   同 日 10:12
 「B-1」の追加直し指示のメール。
   同 日 11:00
 「B-1」の追加直しを入れたPDF送信(再々校)。
 
 実家へご年始の挨拶に行き、両親と初詣をしてきました。
 でも頭の中は著者への怒りと、不安なスケジュールで一杯です。
 
   同 日 16:00
 帰宅。パソコンを立ち上げ、メールをチェック。
 X氏から「いまから「A」に入れる追加分の原稿を自分で入力してから送る」と泣きのメール。(12:30着)
 「A」部分の追加に対処のための前準備を始める。
   同 日 19:04
 「A」の追加分原稿届く(一部を除く)。
   同 日 22:23
 「A」追加原稿不足分届く。
   同 日 23:14
 「A」に追加分を挿入し、図や写真を小さくするなど、行数調節して17ページ分の原稿を16ページに納める※8。初校ゲラのPDFを送信。

 1月 2日 08:36、10:26
 「A」に追加分の小直し指示のメール届く。
   同 日 13:07
 「B-2」の「すべて原稿差し替える」というメール。もう呆然……。その中に、また図版の指示!(怒×2)
   同 日 13:10
 「A」に追加分の再校ゲラPDF送信。
 「B-2」の追加図版制作開始。
   同 日 14:00
 「A」に追加分の再校ゲラ小直し指示メール届く。
   同 日 14:39
 「B-2」差し替え原稿届く。
   同 日 21:07
 「A」に追加分の直し作業ようやく完了。残りは「B」部分のみ。
  同 日 23:03
 「B-2」の原稿を差し替えたPDF送信。
 
 また7合目あたりまで登ってきたような気がします

 1月 3日 07:15
 X氏からメール「拷問を受けているようだ……」。
  同 日 11:00
 著者からX氏に「B-1」の後半と「B-2」を一つにまとめ「C」として独立させるとの連絡が!
 
 これを聞いて私は本当にブチ切れそうになりました。 (怒×3)

  同 日 11:25、11:51
 「B-1」、「B-2」部分の直し指示メール。
  同 日 14:26
 なんとか「C」をつくり、PDFをX氏に送信。

 X氏からメールが届くたび、開くのが恐くてたまりません。 

 「A」部分のデータ(600MB弱)をCD-Rに焼き、コンビニにて発送。
  同 日 17:30
 「C」の小直しメール。
  同 日 19:02
 「C」の直し済みPDF送信。

 何回か、メールのやり取りあり。

  同 日 22:16
 すべての作業が終了。やっと山頂に着きました
 翌朝、「B-1」前半と「C」のデータをX氏に送信して、今度こそ、私の手を離れました。

 私は二十数年、様々な人とこの仕事をしてきましたが、ここまで自分の都合で仕事を進める人はいませんでした。この著者は有名な人で、名前を出せば、多くの方が知っています。何冊も本を出しているのに、この人は現場の大変さを知らないのか? 自分は締め切りなんか気にせず、原稿は遅れまくっているのに、最後の最後に「構成を変える」なんてよく平気でそんなこと言えると、唖然としてしまいました。17ページ分の挿入にしても、入れてよくなるならともかく、(あまり声だかに言えませんが)私が読んでも、ないほうがいいと思える内容です。
 当分の間、この方がテレビに出ていれば(見たい番組でも)すぐにチャンネルを変え、雑誌に掲載されていたら、その記事は読まないと思います。

※8 16ページを一まとめにして「折」といいます。本は折単位で制作されます。160ページの本=10折です。本の最後に、広告や白い何もないページがある場合は調節のためのページだと思います(たとえば154ページで終わっている本は6ページ分を広告、白ページを入れて、ぴったり160ページにします)。
カラー(4色ページ)と1色ページが混在している本は、どこがカラーページになるか計算して作るので、今回のように、いきなり17ページ挿入されると、全部狂ってしまい大変なことになります。そこで細かい調節をして挿入箇所をなんとか16ページ(1折)に納める作業をしました。

[PR]

by pukichi3 | 2009-01-07 01:08 | お仕事