日本のまんなかへそのまち

 学生時代、お茶を飲みながらなにげなく新聞を読んでいて、お茶を吹き出しました。『群馬県渋川市、日本のへそ宣言!』という見出しが眼に入ったからです。
 町おこしとして「日本のまんなか緑の渋川」というキャッチフレーズで「へそ宣言書」を全国の自治体に送付して、いくつかの自治体から反発があった(今では“全国へそのまち協議会”があり、数カ所の自治体とともに運営しているみたいです)と記憶しています(自分の記憶ですから正確ではありませんが)。そうえいば、子どもの頃「日本のほぼ中央にあってその真ん中に渋川がある。だから渋川は日本の中心だ!」なんていってる友人もいましたが、まさかは市が宣言をするとは……。
 以来、毎年“へそ祭り”が行われるようになりましたし、帰郷するたび“へそ”に関するものを市内のあちらこちらで目にするようになりました。
“へそ祭り”は今年で25回目となるそうで、今週の金・土(25・26日)にあります。
 実はワタクシその“へそ祭り”を一度も見たことがありません。初めて見に行こうと思っています。
c0141253_11113326.jpgc0141253_11145936.jpg













 へそ地蔵には名前のとおり、りっぱな“おへそ”があり、そのへそをなでるとご利益(願い事がかなう、子宝に恵まれる)があるそうです(ワタシはなでてません)。へそ地蔵の隣には坂上田村麻呂がと定めたといわれる日本の中心標「へそ石」もあります。
渋川探検の地図で寄居町(4→6へ向かう真ん中あたり赤いラインが左折している交差点)にあります。
[PR]

by pukichi3 | 2008-07-21 11:35 | 生活